未分類

スロージギング 真鯛の釣り方とおすすめタックル【入門編】

スロージギングで真鯛を釣る

高いゲーム性と独特な引き(突っ込み)を感じられる魅力的な標的・真鯛。

ここではスロージギングによる攻略方法について解説していきたいと思います。

スロージギングで真鯛が釣れるエリア

真鯛といえばタイラバを思い浮かべる方が多いと思いますが、スロージギングでも十分に狙うことができるターゲットです。

真鯛が釣れるエリアは奄美群島・沖縄諸島沿岸を除く全国各地。釣れない場所が少ない魚でもあります。

主なエリアは以下

  • 北海道以南から南シナ海北部までの北西太平洋
  • 日本海
  • 瀬戸内海
  • 東シナ海

スロージギングで真鯛が釣れる水深

基本的な生息域は水深30~200mと言われている真鯛ですが、スロージギングの場合は30~80mくらいで釣れることが多いです。

ここもやはりエリアや季節によっても大きく左右される部分です。

行かれるエリアの状況を釣具屋や遊漁船船長などに聞き、そのタイミングでの真鯛釣れる水深を確認されると間違いないでしょう。

スロージギングによる真鯛の釣り方・誘い方

釣り方も様々あるかと思いますが、代表的なものでいえばショートピッチで細かく刻みながら上げで誘いを入れていく釣り方が最もポピュラーです。

タイラバがそうであるように、一定のリズムで誘い続けるのが良いという意見が多い印象ですね。

ただ必ずしもこのような誘いをしなければ釣れないわけでもなく、真鯛は意外といろいろなアクションで釣ることができる魚だとも感じています。

個人的には緩いハーフピッチで爆釣した経験もありますし、変に一つの釣り方に固執する必要はないのかと。

その時々の状況にマッチした釣り方を探し出すことも、この釣りの醍醐味のひとつかなと思います。

スロージギングの真鯛おすすめタックル

真鯛は基本的にライトなスロージギングタックルがおすすめです。

ラインも細糸でOKなんですが、タイラバのように0.6号とかはスロージギングでは使わないですね。

個人的には中深海のアカムツや近海サクラマスジギングのタックルなんかを流用しています。

あとはエリア、水深、ベイト、潮などにアジャストさせていきます。このあたりは他のスロージギング同様ですね。

スロージギングの真鯛おすすめタックル例

  • スロージャーカー1.5oz + オシアコンクエスト200HG + スーパーファイヤーライン1号 + 近海ファイン
  • スロージャーカー1.5oz + オシアコンクエスト300HG + ULT1号 + ジガーライトマダイ早掛
  • スロージャーカー2oz + BLUE HEAVEN L30 + ULT1号 + ジガーライトホールド
  • スロージャーカー2oz + オケアノス + ULT1.2号 + ジガーライト早掛
  • スロージャーカー3oz + オシアジガー1500HG + ULT1.2号 + JAMフックライト
  • ディープライナー ロジカル55 DLLG55#2 + オシアジガー1000HG + スーパーファイヤーライン1号 + 近海ファイン
  • ディープライナー ロジカル55 DLLG55#3 + オシアコンクエスト300HG + ULT1.2号 + ジガーライトマダイ早掛
  • ディープライナー ロジカル60 DLLG60#2 + BLUE HEAVEN L30 + ULT1号 + ジガーライトホールド
  • ディープライナー ロジカル60 DLLG60#3 + BLUE HEAVEN L50 + スーパーファイヤーライン1.2号 + ジガーライトホールド

スロージギングの真鯛おすすめロッド

具体的なおすすめロッドは以下。

  • エバーグリーン スロージャーカー1.5oz
  • ジグウェイトに合わせてこのあたりのクラスもチョイスします。柔いアクションが出やすいですね

  • エバーグリーン スロージャーカー2oz
  • 最も出番の多いロッド。これ1本あればだいたいのことができます。真鯛スロジギでも必須タックル!

  • エバーグリーン スロージャーカー3oz
  • ちょっと強めですが潮やジグウェイトによってはローテーションの1本に。他の標的ではあまりしないがロッドで真鯛の硬い上顎もフッキング!

  • ディープライナー ロジカル55 DLLG55#2
  • 正直自分は使ったことが無いんですが友人一押しのロジカル55シリーズの2番

  • ディープライナー ロジカル55 DLLG55#3
  • ほかのロッドを使ってると55は短く感じそうですよね。これも一押しとのこと

  • ディープライナー ロジカル60 DLLG60#2
  • 友人が必ず持っていくロジカル60の2番。スロージャーカーでいえば1.5ozくらいの感じなんでしょうか?

  • ディープライナー ロジカル60 DLLG60#3
  • 自分がロジカル使うならおそらくここですね。個人的には60でもちょっと短い感あります

スロージギングの真鯛おすすめリール

  • シマノ オシアコンクエスト200HG
  • 最大巻上長78cmはスロージギングだと少ない巻き量。自分はこの特徴を生かす釣り方で活用しています。

  • シマノ オシアコンクエスト300HG
  • 真鯛をスロジギでやるならば一番使いやすいリールと感じています。ライン違いで2台、3台あると重宝しますね!

  • シマノ オシアコンクエストCTシリーズ
  • レンジがシビアなシチュエーションで活躍間違いなしのCTシリーズ。どう考えても絶対便利ですよね。今一番欲しいリール!

  • シマノ オシアジガー1000HG
  • パッとつつみ込めるサイズ感がいいですよね。PGもちょっと気になります。

  • シマノ オシアジガー1500HG
  • 万能タイプのジガー1500です。どんな状況でもだいたい持っていくリールですね。

  • スタジオオーシャンマーク ブルーヘブンL30
  • シマノ派じゃない方はこのリール使っている方結構いらっしゃいますね。ロジカルとの組み合わせはなんとなく美しい。

  • スタジオオーシャンマーク ブルーヘブンL50
  • 友人激推しの一台。SOMリールの王道なんだとか。自分もL50で真鯛を釣ってみたい!

  • エバーグリーン オケアノス
  • このクラスの他リールにない巻き量がなんともステキです。真鯛においても状況で利点多し!オケアノスは見た目もかっこいいですよね~!

スロージギングの真鯛おすすめジグ

個人的にはショート系のジグでの釣果が多いです。

ジグ形状に関しては真鯛はかなりセンシティブな印象で、ロング系ジグはその時のベイトによっては全くダメということがありました。

飛ばすよりも刻む的な感じがやっぱり良いのかな~と思っています。

以下がおすすめのジグです。

  • シーフロアコントロール クランキー
  • 近海のスロージギングで真鯛大爆釣を経験したジグ。ハマると恐ろしいほど釣れます。

  • シーフロアコントロール アビス
  • グッとしゃくってピタッと止まる感じが良い時ってありますよね。そんな時はもしかしてアビスの出番かもしれません。

  • シーフロアコントロール スパンキー
  • 上げ重視のショート系ジグです。フォールも早くポイントへの差し込みの良さも抜群です。潮が速い時に使っています。

  • エバーグリーン カプリス
  • カプリスは真鯛もよく釣れます。コスパも悪くないですし必携の1本ですね!

  • ボーズレス ノブナガ
  • ボーズレスのタングステンジグです。スロージギング?って感じではありますが(笑)釣れます

  • ダイワ TGベイト
  • 王道中の王道です。これさえあればって方も少なくないはず。ただ上記のようにスロージギングでは・・(笑)

ちなみにどのジグも上げの動作で誘い、横向き姿勢で食わせるイメージでやっています。参考にされてみて下さい!

スロージギングの真鯛おすすめライン

メインラインPE&リーダーフロロカーボン。基本に忠実に、ですね。

PEは低伸度ラインがおすすめです。伸びがない=感度が良いですから、当たりも拾いやすく掛けた感も強く感じられると思います。

PEラインの太さは1号~1.2号がベスト。あとは好みで上下させてみてください。

リーダーは2ヒロ~4ヒロくらいでOKでしょう。場面で調節しましょう。

おすすめラインはこちらです。

スロージギングの真鯛おすすめPEライン

  • サンライン ULT 1号~1.2号
  • バークレー スーパーファイヤーライン 1号~1.2号

スロージギングの真鯛おすすめリーダーライン

  • サンライン ブラックストリーム 4号~5号
  • クレハ シーガー グランドマックスFX 4号~5号
  • モーリス バリバス ショックリーダー 4号~5号

スロージギングの真鯛おすすめフック

タイラバぐらい小さなフックが付けられると良いのでしょうが、ジグとの相性上それが叶わないのであればなるべく小さめが基本になるかと思います。

各社ともに1/0、2/0あたりが主軸になるでしょう。

以下が具体的なおすすめフックです。

  • がまかつ 近海ファイン
  • オーナー ジガーライトマダイ早掛
  • シーフロアコントロール ジャムフックライト