タックル

スロージギングリールの選び方|人気機種を厳選!おすすめリールランキング

スロージギングでおすすめのリールの選び方と、厳選した人気機種をランキングでご紹介します。

スロージギングはジグで釣れる魚すべてをターゲットとしているので、対象魚の数が非常に多いです。

その対象魚によって生息する水深は大きく異なるので、その海域の状況と釣りたい魚、その釣り方に合わせてリールも準備する必要があります。

それをふまえてここではスロージギングにおけるリールの選び方とその流れについて説明したいと思います。

スロージギングリールの選び方

まず狙うターゲットとその水深を確認し、それに合うメインライン(PEライン)の太さと長さを決めます。

そして、そのメインラインがすべて収まる糸巻量のリールをいくつかピックアップします。

あとはそのリールの中から、ドラグ力、巻上長、ハンドル長、ベアリング数、スプール寸法、自重、ギア比(ハイギヤ・パワーギヤ等)といった要素がその釣り方の特性に合っているリールを選択すればOKです。

以上がスロージギングにおけるリールの選び方とその流れです。

スロージギングのリールはスピニング?ベイト?

スロージギングはバーチカル(垂直方向)でフォール主体の釣りですから、クラッチを切るだけで容易にフォールさせることができるベイトリールが適しています。

また200メートルを超えるような深海のディープジギングも視野に入るスロージギングにおいては、これもまた巻き上げ力の強いベイトリールが適しています。

青物のドテラ流しのようにキャスティングもするようなジギングであれば、たしかにスピニングリールにも優位性があります。

しかしバーチカルでフォール主体、スパンカーで船をたてたりするようなスロージギングにおいては、ベイトリールが圧倒的に有利なのは間違いありません。

最近のベイトリールは技術の進化でドラグも非常に高性能で、スピニングリールのそれと遜色ない仕上がりですから、ベイトリールになじみのない方も一度手にしてみて下さい。
きっとその釣り味の良さに浸っていただけると思います。

スロージギングで使用できるベイトリールは複数のメーカーからリリースされており、スペックも価格帯も多種多様です。

そんな様々なベイトリールの中から、当ブログで厳選した人気機種をランキングでご紹介します。

スロージギングおすすめリールランキング|最適な人気機種を厳選!

前項で解説した通りスロージギングにおいてリールはターゲットと水深、釣り方に合わせるのが基本です。
したがっておすすめリールもターゲットと水深、釣り方によって多様に変化します。

ターゲットと水深、釣り方による推奨リールは別ページで解説させていただき、ここでは総合的な評価としてのスロージギングおすすめリールをご紹介します。

スロージギングおすすめリール1位|シマノ オシアジガー

シマノを代表するオフショアジギングリール・オシアジガーはジギングリールの先駆け的存在。
堅牢なボディ、力強く滑らかな巻き、そして酷使に耐えるタフネス、を謳うシマノのジギングリールの代名詞がオシアジガーです。

回転抵抗を最大約60%排除し、軽快にしてパワフルな巻き上げを実現させた新機構インフィニティドライブを搭載。

高剛性HAGANEボディとXプロテクトの高い防水性能による完璧な内部構造。

・・・などなど、この辺りのスペックの部分は公式サイトで詳細に解説されていますが、とにかく最高の素材と最新の技術が詰まりに詰まった最強のリールです。

近海から中深海までカバーする豊富なバリエーションがあり、オシアジガーのみで大半のスロージギングをカバーすることができます。

自分自身、スロージギングで使用しているリールの半分以上がオシアジガーで、水深やターゲットや釣り方に合わせて使用する番手を変えています。

中でも1500(1501)という品番のオシアジガーは、近海から中深海まで様々な場面で使える番手でヘビーローテーション必須なので、最初の一台目に購入するスロージギング用のリールとして自信を持っておすすめします。

スロージギングおすすめリール2位|シマノ オシアコンクエスト

シマノのオフショア用両軸リールのフラッグシップモデルであるオシアコンクエストです。

高剛性のHAGANEボディ、高耐久クラッチやドライブギアといった強靭な内部パーツ、ひたすら滑らかでシルキーな回転性能のマイクロモジュールギア・・・その性能を語れば一筆では書き切れないほどですので、こちらもスペックの詳細はシマノのHPをご覧になってください。

前述のオシアジガーと決定的に違うところ、それは使用するラインの細さといえます。

オシアコンクエストはより細いライトラインを扱うのに適したサイズ感であり、オシアジガーにはないレベルワインダーも搭載しています。

繊細なスロージギングに適した仕様ですので、対象魚や釣り方に合わせて番手を選ばれてみて下さい。

ちなみに私が最も多用するのが300HGという番手です。(当方左巻きなので厳密には301HGです)

この300番台のオシアコンクエストは、近海のサクラマスジギングから中深海のアカムツジギングまで幅広く使用させてもらってます。

PE0.8号~1.2号くらいまでのラインをその状況に合わせて使い分けていますが、非常に使用感が良く、オシアコンクエスト無しには釣りを成立させにくい日もあるほどです。

オシアジガー同様、かなり出番の多いリールになるので、ライトラインを使った繊細なスロージギングをよくされるという方はぜひ使ってみてください。

スロージギングおすすめリール3位|スタジオオーシャンマーク ブルーヘブン

ジギングファンなら一度は手にしてみたい・・・そんな憧れのリールのひとつでもあるスタジオオーシャンマークのブルーヘブンシリーズ。

近海フィールドにおけるスタンダードモデルBHL50、そこからギヤーサイズ、フレーム強度軸受け強度をアップしたBHL30、パワフルを追求したBHL120、そして更にパワーと耐久性を向上させた最強のジギングベイトリールBHL120。

ブルーヘブンシリーズは本気のジガーが求めるデザイン、タフネス、ドラグ、メンテナンスだけでなく、ジギングにおいて重要な要素である高感度も追及しています。

このような特徴を持つブルーヘブンシリーズは他社のリールとは一線を画している部分があり、その虜になるヘビーユーザーも少なくありません。

私の釣り仲間内にはそれまで使っていた他社のリールをすべて手放し、ブルーヘブンに乗り換えてしまったという信者と言えるほどハマってしまった人もいます。

ブルーヘブンでのスロージギングは普段とれないようなアタリやノイズをとらえることができ、その高感度の恩恵を強く感じます。

普段から感度を必要とするターゲットをスローピッチジャークで狙っている方は、一度このブルーヘブンシリーズを触ってみてください。特に感度という要素において、今までにない新しい感覚に出逢うことができるかもしれません。

スロージギングおすすめリール4位|エバーグリーン オケアノス

スロージャーカーでもお馴染みのエバーグリーンからリリースされた、スローピッチジャークに最適なジギングリールがオケアノスです。

大きな特徴は3つ。トラブルレスなオリジナルラインガード、スローピッチジャークに最適なハイギア仕様、ライトラインに対応するスムーズドラグ、です。

近海ジギングを快適に楽しむためのエッセンスがふんだんに盛り込まれたオケアノスは、操作性に優れたロッド、細く強いライン、よく動くジグ、多彩なフックなど、進化するジギングタックルを最大限に生かすことのできるリールといえるでしょう。

また、オケアノスの特別仕様としてドラグフォール釣法に対応し、海中感知性能を向上させたオケアノス ワイド。
あの佐藤統洋氏が近海ジギングで求めるリールの性能をとことん突き詰めそのこだわりを具現化させた特別モデルです。

フォール中のジグにレバードラグ式リールを作用させ適度なドラグ力をかけ、スピードやアクションを自在にコントロールするという繊細で画期的な釣法を可能にしています。

より細かい巧みな操作ができるこのオケアノスワイドもまた、進化するジギングタックルの性能のシナジーを極限まで高めるリールといえるでしょう。

その他おすすめリール

  1. アルファタックル マーフィックス
  2. 高強度ステンレスマシンカットギア&屈強なアルミワンピースフレーム搭載。スムーズなドラグ機能を有するレバードラグと大口径コルク製ドラグワッシャー採用で安心のやり取りが可能。大型魚のマグロ・マーリン、強烈な引きのカンパチ・ヒラマサなどとスタンディングで真っ向勝負できるリール。

  3. ダイワ ソルティガ(ベイトキャスティングモデル)
  4. 耐久性の高いハイパーデジギヤをメインギヤに採用。精密でパワフルなオールマシンカットアルミボディ、ピニオン部にはこれまた高い耐久性のマグシールドボールベアリングを搭載。大型魚にも余裕をもって対応できる堅牢ジギングベイトリールです。

  5. アブガルシア ソルティーステージレボ LJ−4
  6. 強靭な大口径ギヤやバックアップラチェットを採用。ラインキャパは豊富なバリエーションで近海ハードジギングから中深海ジギングまで可能。深場のジギングも快適なレベルワインド搭載。

  7. リアルメソッド(REALMETHOD) GINEGA 100RH
  8. 剛性、軽量性をアルミボディによって向上させたソルトウォーター仕様の丸型両軸リール。防錆シールドベアリングとしてステンレス製ベアリングを採用し、スムーズな回転と優れた耐腐食性を実現。

  9. アキュレートジャパン ボスエクストリーム
  10. 強く小さく美しいアルミ削り出しボディを謳うアキュレートリール。強靱なウルトラパワーギアと世界最高峰のツインドラグシステムを採用。カジキやマグロと真っ向勝負してもギア飛びしない頑丈なオフショアリールです。