タックル

スロージギングでおすすめのタックルとは?

スロージギングタックルについて

スロージギングのタックルは主にロッド、リール、ジグ、ライン、フックで構成されます。
またオフショアでの釣りですので、他にも必要最低限の装備品があります。

スロージギングタックル|ロッドについて

他の釣りで使うロッドを代用してスロージギングをする人も中にはいらっしゃるようですが、個人的にはおすすめしません。

当然ですが、スロージギング専用ロッドというのは、スロージギングという釣りに特化した性能を持っています。

スロージギング専用ロッドは基本的には高弾性の素材をブランクスに採用しており、ベリーからティップセクションでの適正なテーパーと弾きによりジグに生命感のある動きを与えます。

低弾性の素材があまり使われないのは、この適正な弾くアクションが出しにくいからでしょう。

普段専用ロッドでスロージギングに慣れているベテランの方々にお聞きしても、流用タックルでスロージギングを行えば上手にジグを操作することは難しいと言います。

それだけ専用ロッドがこの釣りに与える影響というのは大きいものだということですね。

ですからこれから入門する初心者の方にこそ、スロージギング専用のロッドを使用してほしいと思っています。

専用ロッドを使用することで、エキスパートと同じようなアクションを再現することが容易になるからです。

スロージギングおすすめロッドはこちら
スロージギングおすすめロッド

スロージギングタックル|リールについて

スロージギングのリールを選ぶ際の基準には、糸巻量、巻き取り量・ギア比、右巻き・左巻き、ドラグ性能、レベルワインダーの有無などがあげられます。

ひとつのリールで全てのスロージギングができるわけではなく、ターゲットとその水深、釣り方によって使い分けていく必要があります。

スロージギングリールの選び方についてはこちらで詳しく解説します。
スロージギングリールの選び方

スロージギングのリールには大きく分けて二つあります。スロージギングに特化した専用リール、スロージギング専用ではないがマッチしたリール、です。

代表的なリールだと、シマノのオシアジガーやオシアコンクエスト・カルカッタ、エバーグリーンのオケアノス、スタジオオーシャンマークのブルーヘブンシリーズ、アルファタックルのマーフィックスなどが有名です。

スロージギングおすすめリールについてはこちらで詳しく解説します。
スロージギングおすすめリール

スロージギングタックル|ジグについて

スロージギングのジグで使われる素材は主に金属です。ジグ、メタルジグと呼ばれますね。

その金属の種類としては、鉛、タングステン、鉄、などがありますが、最もポピュラーなのは鉛です。

ジギングで使われるジグといっても種類豊富ですが、スロージギングに特化した専用ジグももちろんあります。

専用ジグはプロフェッショナルな先人の方々が海で何度もテストをしてアクションを煮詰めており、スロージギングにおけるその性能は極めて高いです。

専用ジグの中でも特におすすめのジグ、最強ジグについてはこちらで解説します。
スロージギングおすすめジグ

スロージギングタックル|ラインについて

近年、進化の伸びしろが最も大きかったといっても過言ではないのがラインの性能です。

製造技術の高まりから非常に伸びの少ない低伸度PEラインが生まれたのです。

スロージギングもこのライン性能の向上・低伸度PEラインの誕生によって、狙えるターゲットの種類と釣り方の幅が格段に広がりました。

スロージギングにおけるラインシステムとしては、道糸は低伸度PEライン、リーダーにフロロカーボン、というのが基本です。

あとは対象魚とその水深、釣り方に応じて道糸とリーダーの太さと長さを調整してセッティングします。

スロージギングのラインの選び方とおすすめラインはこちらで詳しく解説します。
スロージギングおすすめライン

スロージギングタックル|フックについて

スロージギングでは基本的にジグの前と後ろの両方にダブルフックをセットします。

というのも、スロージギング専用ジグには、もともとリアフック・テールフックの両装着を想定してアクションやジャーク時・フォール時のバランスを調整したジグがほとんどだからです。

針サイズに関しては対象魚に合わせるのが基本で、細軸・太軸もこうした基準で使い分けていきます。

フックの市販品には完成品もありますが、フック単体で販売されているものもあり、多くのスロージギングアングラーはアシストラインと合わせて自作でフックを作成しています。

スロージギングのフックもまた釣果に大きく作用する重要な部分であり、専用モデルも存在します。

スロージギングでより良い釣果をあげたければ、やはりスロージギング専用フックがおすすめです。
スロージギングおすすめフックの詳細はこちらでご紹介します。
スロージギングおすすめフック

スロージギングおすすめタックル|ターゲット別

当然ながらスロージギングもターゲット(水深、状況にも左右される)によっておすすめタックルは違います。ここではターゲット別のおすすめタックル一例をご紹介します。(ジグとジグウェイトは海域・水深・潮によるので無記載)

アカムツ(ノドグロ) スロージギング タックル おすすめ

  • スロージャーカー1.5oz + オシアコンクエスト300HG + ULT1号 + レーシングスペック中深海専用チューン
  • スロージャーカー2oz + オシアジガー1500 + ULT1.2号 + JAMフックライト3/0
  • スロージャーカー3oz + オケアノス + スーパーファイヤーライン1.2号 + 近海ファイン2/0
  • など

アカムツ(ノドグロ)のおすすめタックルは別ページにて詳しく解説させていただいております。
詳細はこちら > スロージギングのアカムツおすすめタックル

ヒラメ スロージギング タックル おすすめ

  • スロージャーカー1.5oz + オシアコンクエスト300PG + ULT1号 + JAMフックライト3/0
  • スロージャーカー2oz + オシアコンクエスト300HG + スーパーファイヤーライン1.2号 + 近海ファイン3/0
  • スロージャーカー3oz + オケアノス + ULT1.5号 + 近海ファイン3/0
  • など

マハタ スロージギング タックル おすすめ

  • オシアジガー∞ B653 + オシアジガー1500 + ULT2号 + 近海ミディアム4/0
  • スロージャーカー3oz + オシアジガー2000 + ULT2.5号 + 近海ミディアム4/0
  • スロージャーカー4oz + BLUE HEAVEN L120 + ULT3号 + JAMフック4/0
  • など

マハタのおすすめタックルは別ページにて詳しく解説させていただいております。
詳細はこちら > スロージギング マハタおすすめタックル

青物 スロージギング タックル おすすめ

青物のおすすめタックルは別ページにて詳しく解説させていただいております。
詳細はこちら > スロージギング 青物おすすめタックル

キハダ マグロ スロージギング タックル おすすめ

  • スロージャーカー4oz + オシアジガー4000P + スーパーファイヤーライン2.5号 + パイク3/0
  • オシアジガーインフィニティ B634 + オシアジガー2000 + スーパーファイヤーライン3号 + ジガーライトシワリ4/0
  • スロージャーカー4oz + マーフィックスN4 + スーパーファイヤーライン3号 + ジガーライトホールド4/0
  • など