タックル

スロージギングのおすすめジグは?

スロージギングおすすめジグランキング

スロージギングのおすすめジグをランキングでお伝えします。
実際に使ってきて良い釣果をもたらしてくれた自分の中の鉄板ジグをご紹介していますので、参考程度にご覧いただければ幸いです。

スロージギングおすすめジグその1|シーフロアコントロール クランキー

スローピッチジャークの伝承者かつ開拓者で、他社の追随を許さない究極のメタルジグを作り上げているシーフロアコントロール(SFC)。
手間暇惜しまぬモノづくりの力、他社を凌駕する質の良さを特徴とし、国内外ともにトップクラスのシェアを誇るジギング界のキングオブキングと言っても過言ではないジグメーカーです。

そんなスローピッチジャークを第一線で常に牽引し続けるシーフロアコントロール社の数あるジグの中でも、多くのフィールドで安定的な好釣果をもたらしている鉄板ジグがクランキーです。

ジグ自体が動くオートマチック性、軽い力で即座にスライドする優れた操作性、フォール時のイレギュラーな魅惑的アクション、引き重り感を軽減する表面の刻まれた段加工、扱いやすいショートジグ形状、など初心者におすすめしたいジグの要素が詰まりに詰まった傑作です。

アングラー側に高度なテクニックがなくともジグが勝手に釣れるアクションをおこし、様々な魚種に対してオールマイティにアプローチできるので、ビギナー向けのファーストチョイスとしてこれ以上ないジグだと思います。

私もこのクランキーを使い、中深海スロージギングで高級魚ノドグロ(アカムツ)や、近海ジギングで大型真鯛、根魚の花形・マハタなど、多くのメモリアルフィッシュをキャッチすることができています。

パイロットジグとしても、ここぞの勝負ジグとしても、ヘビーローテーション必至のおすすめジグです。

スロージギングおすすめジグその2|シーフロアコントロール アーク

細長い若干扁平で大きめの形状、抜けの良さ、速いフォールスピード、強力なアピール力、そんな特徴を持ち、ショートジグ同様のヒットを実現するジグがアークです。

回遊性の青物や中深海の魚もしっかり狙える大きなシルエットのセミロングタイプで、上げでもフォールでも的確なアプローチが可能な操作性に優れたジグです。

おすすめジグその1のクランキーとこのアークを、引き重りの感覚で使い分けてローテーションしていましたが、潮が重く抜けが悪いと感じた時にアークを使うことで良い釣果につながることが私は多かったです。

アークは幅広いシチュエーションで使える超万能ジグで、このジグだけで近海~中深海のスロージギングがストレスなくできるので、セミロングタイプの一軍ジグとして私は必ずジグ収納ケースに忍ばせています。

スロージギングおすすめジグその3|ディープライナー スパイ5

「誰でも楽に釣れる」というコンセプトで、青物にも底物にも効くオールラウンダーなジグです。

公式サイトでも解説されていますが、誘い上げを続けた後にフォールで食わせるというパターンに合わせてチューニングされただけあって、実際に使っていて対青物における信頼度は非常に高いなと感じています。

様々なシチュエーションで使うことができるジグなんだと思いますが、個人的には太平洋のサクラマスマスジギングでお世話になっていますね。

ディープライナーさんには他にも素晴しいジグがたくさんありますが、特にこのスパイ5は安定して好釣果を運んでくれる相性の良いジグです。

スロージギングおすすめジグ その他の愛用ジグ

常時ジグケースに収納して携帯している一軍ジグ

  • エバーグリーン カプリス
  • シーフロアコントロール アビス
  • シーフロアコントロール スパンキー
  • シーフロアコントロール レクター
  • シーフロアコントロール アロー
  • ボーズレス ヒデヨシ

状況に応じて持ち込むジグ

  • シーフロアコントロール シークレットレクター
  • シーフロアコントロール メサイヤセミロング
  • ASS パナジグ
  • ディープライナー スパイナロー
  • エバーグリーン カプリスエッジ
  • エバーグリーン ジャベリンジェット
  • ボーズレス ノブナガ

スロージギングおすすめジグ|激安!安い!コスパの良いジグ

釣果のあったジグをピックアップしました。
荒い根回りを攻めるときやコスパ重視でセレクトしたい場合におすすめです。

  • ウロコジグ オリジナル
  • シマノ オシア スティンガーバタフライ ぺブルスティック
  • シマノ オシア スティンガーバタフライ センターサーディン
  • シマノ オシア スティンガーバタフライ ウイング
  • アングラーズリパブリック スローブラット
  • ダミキジャパン バックドロップ