釣れる魚

スロージギング サクラマスの釣り方とおすすめタックル【入門編】

スロージギングでサクラマスを釣る

ここ数年で一気に盛り上がり人気急上昇中のサクラマスジギング。

釣れる人と釣れない人が大きく分かれることも多く、個人的には非常にゲーム性の高い釣りだと思います。

ここではスロージギングによるサクラマス攻略について書きしるしていきます。

スロージギングでサクラマスが釣れるエリア

これまでオカッパリで釣る魚としてのイメージが強かったサクラマスですが、近年はオフショアのジギングで狙うことができます。

オカッパリであれば東北地方を中心とした日本海側の流入河川などで釣れることが多いイメージですが、サクラマスジギングが盛り上がっているのは北海道・青森・岩手・宮城の太平洋側の近海です。

主なエリアは以下

  • 北海道:函館、苫小牧(白老沖)、室蘭、積丹、十勝、など
  • 青森:津軽海峡、尻屋崎、野牛、下北、など
  • 岩手:三陸沖、宮古、大船渡(越喜来)、など
  • 宮城北部:南三陸、石巻、塩釜、など

スロージギングでサクラマスが釣れる水深

これはそのエリアとベイトの水深によって変わってくるので一概に何メートルとは言えませんが、主に中層で釣れることが多いですね。

サクラマスのベイトはキビナゴとイワシのパターンがあります。

キビナゴはボトムに潜り生息しており、時折中層まで上がってきます。ですのでそのきびなごを追っているサクラマスはこのレンジで釣れることが多くなるわけです。

イワシはボトムにだけ生息しているわけではなく基本的には回遊している魚なので、その時々でレンジが変化しやすいですね。

私がサクラマスジギングをしている大船渡の越喜来沖では、だいたい50~60メートルのボトム水深の中層(30~40メートル)で釣れることが多いですよ。

スロージギングによるサクラマスの釣り方・誘い方

ジグはボトムまで落とさずサクラマスがいるであろうレンジの5~10メートルまで落としたら誘い始めます。

誘いの基本的なロッドワークはワンピッチジャークです。ロッドを1しゃくりしたら1回リールを巻くわけですね。

ヒットするタイミングは主にしゃくりとしゃくりの間、ジグが横を向いている時です。

ジグが横を向き次のしゃくりで乗る、というヒットパターンが多いかと思います。

サクラマスは非常に身が脆く非常にバレやすい魚です。

口に針掛かりしても身切れしてしまうことも少なくありません。

ですのでファイトは慎重に、ドラグをうまく使っていなしながら巻き上げていきます。

大きいサイズになると割と走りも強烈なので、その時のドラグワークとフックなどのバランスでだいぶ釣果も変わってくる印象ですね。

ランディングの際もかなり気を遣います。ギリギリまでタモも水中に入れてはいけませんよ。

タモを見た瞬間に暴れてばらしてしまうということが多い魚なんです。

この辺は遊漁船だと船長の仕事の範疇ですし多くの船長が心得ていますので、船長とタモ入れするタイミングを合わせてうまく取り込みましょう。

スロージギングのサクラマスおすすめタックル

サクラマスはファイト中に身切れしやすいナイーブな魚です。

ドラグ性能の良いリールはもちろん、適度に柔らかいロッドで唐突なランを緩衝できるものが適しています。

ロッドもただ柔らかければいいかというとそうではなく、スロージギングにおいて重要なジグを操作するという部分がスポイトされてしまってはいけません。

ジグ操作とファイト&ランディングにおける性能をうまく両立された、サクラマスジギングに最適なタックルについて詳しく解説していきます。

スロージギングのサクラマスおすすめタックル例

  • スロージャーカー1oz + オシアコンクエスト200HG + ULT1号 + JAMフックライト3/0
  • スロージャーカー1oz + オシア カルカッタ300HG + スーパーファイヤーライン1号 + 近海ファイン3/0
  • スロージャーカー1.5oz + オシアコンクエスト300HG + ULT1.2号 + 近海ファイン3/0
  • スロージャーカー1.5oz + BLUE HEAVEN L50 + ULT1.2号 + ジガーライト早掛2/0
  • スロージャーカー2oz + オケアノス + スーパーファイヤーライン1号 + ジガーライトホールド2/0
  • スロージャーカー2oz + オシアジガー1000HG + スーパーファイヤーライン1.2号 + ジガーライト早掛2/0
  • スロージャーカー3oz + オシアジガー1500HG + ULT1.2号 + ジガーライトシワリ2/0
  • オシアジガーインフィニティ B651 + オシアコンクエスト200HG + ULT1号 + 近海ファイン3/0
  • オシアジガーインフィニティ B652 + オシアコンクエスト300HG + ULT1.2号 + JAMフックライト3/0
  • オシアジガーインフィニティ B653 + オシアジガー1500HG + ULT1.5号 + 近海ファイン3/0

スロージギングのサクラマスおすすめロッド

スタイルにもよるところですが、個人的な感想としてはサクラマスジギングにおいては硬いロッドを使うメリットはあまり感じられないです。

基本的には柔らかめのロッド推奨で、各メーカーの1番~2番あたりが最もおすすめ。

具体的なおすすめロッドは以下。

  • エバーグリーン スロージャーカー1oz
  • ライトウェイトが使えてしなりも良し!センシティブな状況で◎

  • エバーグリーン スロージャーカー1.5oz
  • 個人的にサクラマスジギングで多用しているロッド。100g~130gぐらいのジグウェイト操作感がたまらない

  • エバーグリーン スロージャーカー2oz
  • 150g前後のジグウェイトで主に使用。軽いジグも飛ばし気味に使える。

  • エバーグリーン スロージャーカー3oz
  • サクラマスジギングにはちょっと強い印象。ビュンビュン飛ばしたい人はいいのかな?出番は少ない。

  • シマノ オシアジガーインフィニティ B651
  • 個人的にバラシが少なく相性の良いロッド。コンク200HGとマッチし非常にバランスが良い。

  • シマノ オシアジガーインフィニティ B652
  • ロッドのトルクも申し分なし。大型の走りもうまくいなしてくれるロッド。

スロージギングのサクラマスおすすめリール

  • シマノ オシアカルカッタ300HG
  • コスパ良し。エントリーはこのくらいのスペックがあればOK!

  • シマノ オシアコンクエスト200HG
  • ピッチを調整したり少し細かく刻みたい時、早く刻みたい時はこのリール。大型魚でも余裕で戦えるドラグ性能!

  • シマノ オシアコンクエスト300HG
  • サクラマスジギングのローテーション一角で最も出番多し!バランスが非常によく、巻き量的にもワンピッチでちょうどよいしゃくりができる。

  • シマノ オシアコンクエストCTシリーズ
  • レンジをラインで計らなくてもいいので便利。棚が重要なサクラマスジギングにおいては非常に有効な性能を有している最適リール。

  • シマノ オシアジガー1000HG
  • パーミングしやすい小型のジガー。レベルワインダーが無いリールに慣れてない方には少々難易度高め。

  • シマノ オシアジガー1500HG
  • 悪くないが少しサクラマスジギングにはオーバースペック感も。強めのセッティングで使いたい人にはアリなのかもしれない。

  • スタジオオーシャンマーク ブルーヘブンL30
  • 人気のブルーヘブンL30。シマノ以外のリールで考えるなら有力候補か。

  • スタジオオーシャンマーク ブルーヘブンL50
  • 個人的に好きなリール。サクラマスジギングでも活躍できるスペックを十分に有しており、まわりでも愛用者も多い。

  • エバーグリーン オケアノス
  • 一巻き106㎝というアドバンテージをどう使うか?アングラーの攻め方によってはハマる可能性大な高性能リール。

スロージギングのサクラマスおすすめジグ

エリアにもよるところですが、自分が行くエリアでは水深50~60メートルで100g~150gぐらいで攻略しています。

このエリアはキビナゴがメインベイトでイワシもたまに入っている感じで、使用するジグの形状としてはセミロングがほとんどですね。

以下がおすすめのジグです。

  • シーフロアコントロール アーク
  • フォールのアピールは強めなので食わせの間が取れればハマるジグだと思っています。まんまキビナゴなシルエットも◎!

  • シーフロアコントロール オブリークF
  • 2019シーズンに釣果報告をよく見かけたジグ。コスパも最高でジグボックスに忍ばせておいて間違いない1本

  • ディープライナー スパイファイブ
  • 間違いなく釣果が目立っているジグのひとつ。横向き姿勢までの移行が秀逸で安定したアクションが出ます。困ったらこの1本

  • ディープライナー スパイナロー
  • アクションが独特でより細長いシルエットが特徴のスパイナロー。スパイファイブとの使い分けで

  • シマノ ペブルスティック
  • 上記スパイナローと近い動きを出せるイメージ。コスパ良しなのでエントリーのジグとしても悪くないかもしれない

ちなみに度のジグも上げの動作で誘い、横向き姿勢で食わせるイメージでやっています。参考にされてみて下さい!

スロージギングのサクラマスおすすめライン

スロージギングの基本通りメインラインはPE、ショックリーダーはフロロカーボンでOKです。

水深が浅いエリアではそこまでシビアにならなくてもいいですが、低伸度ラインがおすすめです。

他の釣りもので低伸度PEラインをリールに巻かれている方が多いと思いますし、そのラインの流用で全く問題ありません。

号数は1号~1.5号の範囲であとは好みや攻め方で調整していく感じでしょうか。

リーダーの長さも上記のとおりですね。ちなみに私は2ヒロ~3ヒロくらいでリーダー幅はとっています。

以下が具体的なおすすめラインです。

スロージギングのサクラマスおすすめPEライン

  • サンライン ULT 1号~1.5号
  • バークレー スーパーファイヤーライン 1号~1.5号

スロージギングのサクラマスおすすめリーダーライン

  • サンライン ブラックストリーム 4号~6号
  • シーガー グランドマックスFX 4号~6号

スロージギングのサクラマスおすすめフック

スレ掛かりも多いサクラマスジギング。刺さり重視でストレートポイントのフックがいいかと思います。

フックサイズも小さすぎると身切れの心配が高まるので注意ですね。

以下が具体的なおすすめフックです。

  • がまかつ 近海ファイン3/0
  • オーナー ジガーライト早掛 2/0
  • オーナー ジガーライトホールド 2/0
  • シーフロアコントロール JAMフックライト 3/0