スロージギングの釣り方・おすすめタックル・釣れるターゲット

スロージギングの情報ブログ・スロジギJPです。
このページではスロージギングの釣り方、専用のおすすめタックル、釣れるターゲットについてお伝えします。

スロージギングの釣り方|基礎基本

ここではスロージギングの釣り方の基礎基本についてご紹介します。
仕掛け・セッティングから、ロッドやリールの使い方、ジグの動かし方、その他テクニックなどについてまとめました。

スロージギングの仕掛け・セッティング

ロッド、リール、ライン、ジグ、フックでワンセット。仕掛け自体は非常にシンプルなセットでセッティングされます。

基本的な仕掛けは一般的なルアーフィッシングや通常のジギングと変わりませんが、近年それぞれスロージギングに特化した専用アイテムがリリースされており、仕掛けとしての性能は非常に高くなってきています。
スロージギング専用タックルの詳細

スロージギングのロッドワーク|ロッドの持ち方・しゃくり方・誘い方

持ち方はグリップの上部を効き手とは逆の手で持ち、エンドグリップ側に肘を当てるというのが基本の型です。

もともとスロージギング自体それほど腕力を必要としない釣りですが、肘にグリップを当てることでテコの原理が作用し、さらに力を要さずにロッドワークができるようになります。

しゃくり方は、ロッドを水面と水平にし、ラインが適度に張った状態でベリー~ティップを持ち上げしゃくります。

ブランクスの反発でティップが返ったら、また水平ポジションまでロッドを戻し、ラインにテンションが戻る頃合いをみて、また再度しゃくる、という流れです。

このやり方のコツは何度も釣行を重ねることで身についていく部分で、動作に慣れてコツを掴めば誘いをイメージしたしゃくり方ができるようになると思います。

そしてさまざまなパターンのしゃくりを身に付けることで、ターゲットとその状況に合わせた誘い方ができるようになります。

しゃくり方・誘い方をアジャストさせ対象魚を狙い通りにキャッチすることも、スロージギングの大きな醍醐味のひとつです。

スロージギングのやり方も人それぞれと感じていますが、よりよいロッドワーク、しゃくり方、誘い方を探求し、価値ある最高の1匹を釣りたいものですね。

スロージギングのリールの使い方・巻き方・やり取り

スロージギングのリールにはベイトリールを使います。
なぜベイトリールなのか?

スロージギングは基本的に落として巻き、落として巻き、という動作を繰り返す釣りです。

いちいちベールを返さなけば巻き始めることもできないスピニングは、あまりスロージギングに向いているとは言えません。

ですからスロージギングでは即時にリーリングアクションに移行できるベイトリールをおすすめするのです。

スロージギングのリールは利き手で巻くのがスタンダードです。
右利きなら右巻きのリールを使い、左手でロッドワークを行います。

ただ人によっては利き手じゃない方の手でリールを巻いた方がやりやすいという人もいます。
私もそのうちの一人で、普段は右利きですが左巻きのリールを使用しています。

特にどちらの手で巻かなければならないという巻き方の決まりはないので、やりやすい方の手で巻けるリールを使いましょう。

魚がヒットした後のやり取りには、ただ巻き、ドラグずるずる、綱引き、など様々です。

やり取りもそのターゲットによってアジャストさせる必要があります。

スロージギングのジグの動かし方・アクション

ジグの動かし方・アクションにも以下のように様々な方法やパターンがあります。

  • ステイ
  • ジグをその場から動かさず止めるようなイメージのアクションです。文字通りステイ(とどまる)。

  • リフト&フォール
  • ジグをリフト(持ち上げる)して、フォール(落とす)という、スロージギングにおいて最も基本的な動作です。

  • フリーフォール
  • ジグが落ちる際にラインテンションが掛からずにフリーでフォールするアクション。

  • テンションフォール
  • ジグが落ちる際にラインテンションが掛かりながらフォールするアクション。

  • ボトムバンピング
  • ジグが底を飛び跳ねるようにアクションさせる動かし方。

上記のような動かし方・アクションに加えて、ジグのウェイト(重さ)の使い分けやラインスラッグ(糸ふけ)を使った操作などを駆使することで、ジグひとつでも非常に多彩な攻め方ができます。

スロージギングのテクニック

スロージギングのテクニックといっても様々ですが、ここではピッチ、ジャークについてお伝えしたいと思います。

ピッチ

ピッチとはリールのハンドルを回転させることを指します。

ジャーク

スロージギングのみならずジギングのテクニックのひとつであるジャークは、ロッドを煽ってしゃくりジグに対して動きを与えるテクニックです。

ロッドをしゃくり、その後すぐに最初のポジションまでロッドを戻しながらスラッグ(糸ふけ)をリールで巻き取る、これがジャークの基本動作です。

ジャークには、スローピッチジャーク、ハイピッチジャーク、ワンピッチワンジャーク、ショートジャーク、ロングジャーク、などいくつか種類があります。

  • スローピッチジャーク
  • ジャーク1回でリールハンドルを1/2回転(半回転)以下

  • ハイピッチジャーク
  • ジャーク1回でリールハンドルを2回転以上

  • ワンピッチワンジャーク
  • ジャーク1回でリールのハンドルを1回転巻く

  • ショートジャーク
  • ロッドを小さい幅でしゃくるジャーク

  • ロングジャーク
  • ロッドを大きい幅でしゃくるジャーク

スロージギングおすすめタックル|ロッド、リール、ジグ、ライン、フック

スロージギングのタックルには主に、ロッド、リール、ジグ、ライン、フックがあります。
それぞれ別ページで掘り下げて解説させていただいていますので、詳細はこちらからどうぞ。

スロージギングおすすめタックル

スロージギングタックル|おすすめロッド

スロージギングタックル|おすすめリール

スロージギングタックル|おすすめジグ

スロージギングタックル|おすすめライン

スロージギングタックル|おすすめフック

スロージギングの持ち物・必要なもの・装備品

スロージギングにはメインとなるタックル(ロッド、リール、ジグ、ライン、フック)以外にも、持ち物や必要なもの、装備品があります。
下記のアイテムは、安全かつ快適にスロージギングを楽しむために私もすべて用意しているものですので、ぜひチェックしてみて下さい。

  • ライフジャケット
  • 海上でいざという時に命を守るものです。落水してからでは遅いです。かならず装備しましょう。

  • フィッシュグリップ
  • 釣った魚を安全に掴むために便利なアイテムです。必須ではありませんが持っているととても重宝します。

  • クーラーボックス
  • 釣った魚のキープはもちろん、食べ物や飲み物も保存しておけます。

  • タックルボックス
  • 収納ケース、ジグケース、ロッドケースなど

  • 金具・リング類
  • ソリッドリング、スイベル、スプリットリング、サルカンなど

  • スケール
  • 釣った魚のを測るのに便利です。サイズを測れるものと重さを量れるものがあります。

  • 酔い止め
  • オフショアの釣りにおいて船酔いは死活問題。準備しておきましょう。おすすめはアネロンニスキャップ。

スロージギングタックル コラム

近年、先人の方々によりスロージギングのノウハウや対象魚が確立されてきました。

それに伴いスロージギング特化した専用タックルも様々なメーカーから販売されるようになり、初心者でも難なくスロージギングを楽しめる環境が整ってきました。

スロージギング専用タックルは無かった時代は、他の釣りのタックルを流用しなければならなく、釣り場や状況によってはスロージギング自体を成立させることが困難でした。

今では入門用からエキスパート用まで様々なタックルがあります。

通販でも専門店やショップもいくつかあり、ネットでスロージギングのタックルが揃えられるほどラインナップも豊富です。

今後、当サイト・スロジギjpのおすすめショップをご紹介していきますので、ぜひスロージギングタックル選びの参考にされてみて下さい。

スロージギングで釣れる魚とは?狙える対象魚・ターゲット

スロージギングで釣れる魚は非常に多く種類も豊富です。
ここではスロージギングで狙える対象魚・ターゲットについて、魚種ごとに分類しまとめました。

スロージギングで釣れる魚|青物

スロージギングで釣れる魚として根強い人気があるのが青物です。

青物は基本的に泳ぎが得意な魚種なので、細いラインを使うことが多いスロージギングで釣った場合、引きの速さと強さをダイレクトに感じることができます。

狙える魚の中にはマグロなどの大型の回遊魚も存在し、その釣趣の虜になるアングラーも少なくありません。

ここでは実際にスロージギングで私が釣ったことがある青物や回遊魚、そして一般的にスロージギングで釣られている・釣ることができるとされている青物・回遊魚をご紹介します。

  • アジ
  • シマアジ
  • サバ
  • カマス
  • カンパチ
  • ヒラマサ
  • ハガツオ
  • スマ
  • イナダ
  • ワラサ
  • ブリ
  • ハマチ
  • サゴシ
  • サワラ
  • カジキ
  • キハダ
  • イソマグロ
  • クロマグロ

青物御三家とも呼ばれることのあるブリ、カンパチ、ヒラマサをはじめとして、食味も好評なアジ、サワラ、カツオ、そして釣り人なら一度は釣ってみたい魚の代表格・マグロ。

スロージギングという釣りで、青物や回遊魚だけでもこれだけ豊富なターゲットを狙うことができます。

スロージギングによる青物・回遊魚の釣り方については、詳細をこちらのページにまとめました。
スロージギングによる青物の釣り方

スロージギングで釣れる魚|根魚

スロージギングのターゲットとして人気を青物と二分するといっても過言ではない根魚。

基本的には海底の根などに生息しており、ヒットレンジがボトム付近ということも多く、釣り人の間では底物とも呼ばれたりもしますよね。

ここでも実際にスロージギングで私が釣ったことがある根魚と、一般的にスロージギングで釣られている・釣ることができるとされている根魚をご紹介します。

  • メバル
  • アカメバル
  • クロメバル
  • タケノコメバル
  • 沖メバル
  • カサゴ
  • オニカサゴ
  • イズカサゴ
  • ウッカリカサゴ
  • ガシラ
  • クロソイ
  • ベッコウゾイ
  • アイナメ
  • クジメ
  • キジハタ
  • マハタ
  • ホウキハタ
  • オオモンハタ
  • チャイロマルハタ
  • スジアラ
  • クエ

オカッパリのショアアングラーにも馴染みのあるメバル、カサゴ、ソイ、アイナメなどもまた、オフショアのスロージギングで狙える根魚のターゲットです。

根魚の中でも人気なのが、高級魚のオニカサゴや大型のキジハタ、そして引きが非常に強く食味も良いマハタやクエです。

同じ根魚とはいえ狙い方はそれぞれ全く違うので、その魚種ごとにタックルや釣り方を合わせていく必要があります。

スロージギングによる根魚の釣り方についても詳細を別ページにまとめました。
スロージギングによる根魚の釣り方

スロージギングで釣れる魚|フラットフィッシュ

ヒラメ、カレイに代表されるフラットフィッシュもまた、スロージギングで狙えるターゲットとして人気の高い魚種のひとつです。

フラットフィッシュは砂地に身を隠し捕食に備えたりすることもあり、個人的にはフラットな平地の底付近でヒットすることが多いと感じます。

フラットフィッシュの狙い方としては砂地の中にある地形変化やストラクチャー、ベイトの反応などを探っていくというのが基本的な狙い方になります。

スロージギングで実際に私が釣ったことがあるフラットフィッシュがこちらです。

  • ヒラメ
  • カレイ
  • マゴチ
  • ワニゴチ

外道で釣れることも少なくないフラットフィッシュですが、最近では専門で狙うジガーの方もいらっしゃいますね。

食味に関してもヒラメはエンガワや刺身・こぶ締め、カレイは煮付けや干物が絶品で、人気のターゲットになるのもうなずけます。

スロージギングで釣れる魚|近海・浅場で狙えるターゲット

近海・浅場にもスロージギングで狙える魚は多く存在します。

魚種が豊富な分その釣り方やタックルも多岐にわたり、ゲーム性の高いターゲットが多く非常に人気があります。

港からそれほど時間をかけずに釣り場まで移動できるため、悪天候により陸から遠いエリアで釣りができない場合でも、近海であれば魚を狙うことができます。

実際にスロージギングで私が釣ったことがある近海・浅場の魚と、一般的にスロージギングで釣られている・釣ることができるとされている近海・浅場の魚がこちらです。(青物・根魚・フラットフィッシュは除いています)

  • マダイ
  • レンコダイ
  • アマダイ
  • ハマダイ
  • タチウオ
  • サクラマス
  • スズキ
  • ヒラスズキ
  • ホウボウ
  • エソ
  • ヒメ
  • ベラ
  • イシモチ
  • シマフグ
  • ヤリイカ
  • タコ

タイラバで狙うアングラーが多いマダイも、スロージギングで釣ることができる対象魚のひとつです。スロジギ用のメタルジグを鯛ジギングコーナーに置いてる釣具屋さんも最近見かけます。

そして近年、偉大な先人の方々によってスロージギングによる釣り方が確立されてきて、一般のスロージギングアングラーにも人気急上昇中のターゲットが「タチウオ」「アマダイ」「サクラマス」です。

これらの魚は今後さらに釣り方も解明されていき、タックルもさらに細分化されていくでしょう。スロージギングアングラーとしても非常に将来が楽しみなターゲットです。
※当サイトでいう近海とは、港から20分以内で行けるような沿岸から近い海域、浅場とは水深50メートルを超えないようなシャローエリア、としています。
なお、航行区域としての近海区域については「東は東経175度、南は南緯11度、西は東経94度、北は北緯63度の線により囲まれた水域(船舶安全法施行規則第1条第8項)と定義されており、当サイトでいう近海とは全く違うものです。

スロージギングで釣れる魚|中深海・深海で狙えるターゲット

一昔前までは100メートルを超えるような水深では、ラインの伸びによって感度が著しく落ち、釣りにならなかったとされる深海のジギング。

近年ではライン性能が大きく向上し、200メートルを超えるような深場でもジグの操作ができる、低伸度の高性能PEラインを手にすることができるようになりました。

ここでは、そんなタックルの進化によって狙って釣ることが可能になってきた、中深海・深海で釣れる魚・ターゲットをご紹介します。(青物・根魚・フラットフィッシュは除いています)

  • アカムツ(ノドグロ)
  • クロムツ
  • アラ
  • マダラ
  • キンメダイ
  • アブラボウズ
  • バラムツ
  • アブラソコムツ
  • サンコウメヌケ
  • アコウダイ
  • ベニアコウ
  • マトウダイ
  • イシナギ
  • カンナギ
  • ヤガラ
  • ホッケ
  • アンコウ

私自身もスロージギングで最もハマっているのが、このディープエリアで釣れる魚をターゲットにした中深海・深海ジギングです。

タックルや攻め方を試行錯誤しながら、水深が200メートル程もある深場のターゲットを狙い通りキャッチできた時の喜びは、ちょっと言葉では言い表せないほどです。

今後は自分がまだ未経験である、水深300メートルを超えるような深海スロージギングにもチャレンジして行こうと思っています。

中深海・深海で狙えるターゲットの詳しい釣り方は別ページで解説させていただきます。